« 精神疾患・神経症の発症要因を知る | トップページ | 口が悪い奴ほど根も悪い? »

2013年2月 9日 (土)

孤独死で何が悪い!

私は孤独死でもいいと思っています。

以前、東京で一人暮らしをしている時、体調が崩れたときなど孤独な死を怖れたこともありましたが、深く瞑そうすることで、それも自分の運命だと開き直ることができました。

 → 第3話 死の不安 そして心身統合整体整体へ

孤独死だろうが、家族に囲まれて死のうが、死は死として何ら変わりません。
だからマスコミが言う、「悲惨な孤独死」と言うような言い方には違和感を感じます。

「死に方」とは、残された家族の者がどう感じるか、または本人がどう受け入れるかの問題であって、あんまり他人がとやかく言う問題ではないと思います。(事故死だとか、部屋の問題はあるかもしれませんが)

ただ、本人は生きている内は孤独死だからといってあまり思い悩まないほうが安らかな死を迎えられるのではないかと思うのです。

延命処置や尊厳死の考えはしっかりしておく方が私はいいと思っていますが、死に方に対しては悩みたくありません。

|

« 精神疾患・神経症の発症要因を知る | トップページ | 口が悪い奴ほど根も悪い? »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事