« スマホで恋人や夫婦の関係がヤバイ! | トップページ | 名古屋の隠れ家的ヒーリングサロン 首・脳の癒し  »

2013年3月18日 (月)

慢性的な肩こりの人はストレッチではなく脱力体操をするといい

慢性的に肩が凝っている人は、日頃からカラダが微妙に緊張しています。

カラダの緊張は、精神的な緊張にも関係しているので、慢性的な凝り性の人は、無意識に緊張しているかもしれません。

特に肩や首は緊張したままストレッチを行うと、筋肉のセンサーが驚いて、硬くして守ろうとするのでよけいに凝りがひどくなることがあります。→ ストレッチで硬くなる

ストレッチ前におすすめな体操が、→ 筋弛緩法 

やり方は、背中を反らせたまま「5秒力んで、脱力」や、首を横に倒して、肩首を元に位置に戻すように、「5秒力んで、脱力」。

このように筋肉をいったん力ませてから脱力といった体操をくり返すのです。この筋弛緩法は自律神経にも効き、カラダだけではなく、精神的な緊張も緩んできます。

筋弛緩法の後に、ストレッチや、→ 脱力ぶらぶら体操 を行うと、より肩こりに効くと思います。

.

JIRO整体の予約は → 施術料金 

|

« スマホで恋人や夫婦の関係がヤバイ! | トップページ | 名古屋の隠れ家的ヒーリングサロン 首・脳の癒し  »

メンテナンス方法」カテゴリの記事