« ドラマ「まほろ駅前」の松田龍平がいい! | トップページ | だれかの役に立ちたい気持ちがあると強くなれる »

2013年3月 4日 (月)

肩から腕にかけて凝りの原因は首のズレ

手に行く神経は、首の下側の骨(頸椎)の間から出ています。

例えば、首の6番の神経根レベルから出ている運動神経は手首を反らす筋肉を動かせます。

7番の神経は手首を曲げるようにする神経が出ています。

もし、首骨(頸椎)が歪んで、7番の神経根レベルが圧迫を受けると、荷物を運ぶとき力が入りづらくなります。

力が入りづらくなるといった曖昧な言葉を使うのは、脱臼のように完全に首骨がズレて神経を圧迫しているとかなり痛いし、手がしびれるので、我慢できずに病院に行っています。

微妙なズレ程度だと、痛みも曖昧だし、物を掴んで持ち上げることはできるけれど、神経の流れが悪い分、微妙に力が入らなかったりするので、無意識に余分な力が入り、肩から腕にかけて筋肉に疲労物質が溜まります。

その状態が長く続くと、肩から腕にかけて肩こりになっていきます。

.

JIRO整体の予約は → 施術料金 

.

|

« ドラマ「まほろ駅前」の松田龍平がいい! | トップページ | だれかの役に立ちたい気持ちがあると強くなれる »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事