« 名古屋 気になる赤ちゃんの頭の形 | トップページ | びびる大木が消極的に好き »

2013年4月12日 (金)

もしボクが本を読んでいなかったら

昨今、スマホが普及してますます読書離れが進んでいるとのことですが、自分自身の経験で言うと、読書のおかげで自己洞察が深まったような気がします。

自己洞察が深まると言うことは、情緒が深まることもであり、情緒が深まることは、人生が深まると言うことにつながると思うのです。

ただし、情緒が深まったところで幸せにつながるのかはわかりませんし、経済至上主義的な合理化社会では目に見えたプラスになることは少ないと思います。

ただ、読書が私の人生にかなりプラスになっていることは間違いありません。

というよりか、もし読書をしていなかったらどうなってたんだろう?そうとうイタイ人間になってたかも。(笑)

映画評論家の故淀川長治さんが、「映画は私の主治医」と言っていたように、私にとっての読書は、必要不可欠な趣味でもあり、「心の主治医」にもなっています。

◆ JIRO整体のもう一つのブログもどうぞ↓

JIRO整体が読んだ本・感動した映画の紹介ブログ

|

« 名古屋 気になる赤ちゃんの頭の形 | トップページ | びびる大木が消極的に好き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事