« 心が苦しいときほど頑張ってしまう・・・けど | トップページ | 6月1・2日東京出張整体予約受付 »

2013年5月17日 (金)

読書の効用 人生が味わい深くなる

「本を読むと賢くなる」とは、自分が賢くないので言えませんが、知識が増えることは、イコール不安が少なくなることであり、また、自分とは違った価値観を持った人がいることを知り、自分と照らし合わせ、自分を知る手助けにはなると思います。

私の読書を続ける秘訣は、その時興味がある本を読むことです。
たいして興味がないのに勉強のためとか、自己啓発のため、万人がすすめる本を何となく
読んでいると、次第に読書がつまらないものになってきます。

私は健康や整体関連の本を読むことが多いのですが、夜眠る前は、小説やノンフィックションなど様々な分野の本を読んでいます。

だいたい2冊ぐらい同時進行で読んでいることが多いです。

Photo

ジローの本棚 部屋に入りきらないので倉庫に入れています

映画評論家の故淀川長治氏は「映画が自分の主治医」と言うように、私自身は「本が自分の心の主治医」でした。

読書はただの趣味と言ってしまえばそれまでなのですが、哲学にふけりたい人やストレスをかかえている人、いろいろ考えることが多い方にとっては、きっと精神的なサポートになると思います。

|

« 心が苦しいときほど頑張ってしまう・・・けど | トップページ | 6月1・2日東京出張整体予約受付 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事