« 潮干狩りでのハプニング 何で海にムカデが! | トップページ | 歩道の掃除をする夫婦の横でポイ捨てをした男性 »

2013年6月25日 (火)

なぜ肩が痛くなってきたのか、その対処法

34歳の女性で、事務職のYさんは1週間ほど前から肩から首にかけて痛くなりました。

運動不足で冷えたのかなとおもい、お風呂に入った後に体操したら少しは良くなったのですが、次の日になるとやっぱり痛みます。

 

しびれがある時やなかなか痛みが治らないときは、首の歪みによる神経の圧迫か、その近辺の筋肉の緊張が原因となって神経を圧迫しているかのかも知れません。
 

その他、肩周りの筋肉にあるトリガーポイント(凝りの親玉)が活性化して、痛みがでてきた可能性もあります。

まれにですが、心臓が原因で肩に痛みやしびれがでることもありますので、凝りではない不快な痛みやしびれが続く時は、病院で検査してもらった方がいいと思います。

 

ここでは、整体的な肩の痛みの対処療法を紹介します。

同居している人がいるなら、風呂あがりに肩を指圧して気持ちいい箇所を30~40秒間親指でジワ~と圧迫してもらい(肘でも良い)ながら、頭を回して肩の筋膜を伸ばしていきます。

その後に30秒ぐらいストレッチするとほぐれてきます。

もし凝りの親玉の活性化が原因だったら、3回ぐらい繰り返すとずいぶん楽になると思います。

呼吸と止めないことと、特に最初は軽めのストレッチしていくのがポイントです。

一人で行う場合は、反対の手の中指を使って押すとできますし、100円ショップなどに売っている肩こりに圧迫器具などを使って、圧迫しながらストレッチしても良いです。

Yさんは事務職を長年続けられているので、ひょっとしたら首がストレートネックになっているのかもしれません。

そうなると仕事をしていないときも、首や肩の凝りを感じたり、痛みが出ることが多くなります。

参考記事 → 首が凝るのは頭が前に出ている首猫背が原因

 

頭が前に出た姿勢によって首が前に歪んでいる状態を放っておくと、本格的な首肩の慢性痛となる可能性があるので、整体を受け、頭を元に戻すような体操を続けると良くなると思います。

 

 

|

« 潮干狩りでのハプニング 何で海にムカデが! | トップページ | 歩道の掃除をする夫婦の横でポイ捨てをした男性 »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事