« オスとメスの人間行動学  | トップページ | デスクワークをしながら脚の体操でひざ痛解消と脚スリム »

2013年8月20日 (火)

大人の夏休みはキャンプなのだ

先週、南信州(長野県下伊那郡)にキャンプに行ってきました。キャンプ場はおよそ標高1500メートルだったので、夜は涼しく、焚き火がうれしかったです。

子どもたちを寝かしつけた後、星を眺め、ウイスキーをゴクリとやると、若かりし頃を思い出します。

20代、あの頃ボクは一人日本中を放浪しながら何を考えていたのだろうか。
何も考えずに焚き火の前でウイスキーばかり飲んでいたのかもしれないな~。そんな記憶ばっかりだ。じゃ40代の今も対して変わりないか!(笑)

昼は車で40分の所にある和知野川に遊びに行きました。

高さ4メートルの岩の上から勇気を振り絞って川に飛び込むと、一瞬何かがふっきれるような気がする。その感覚が昔から好き。

私の後に小中学生が、高さ8メートルの岩から飛び込んだ。オレだって昔は10メートルの橋の上から飛び込んだこともあるんだぞと今の自分にいいわけしながら、なぜ43歳の今は4メートルの高さを恐れるようななったのだろうか。

生きることに馴れてしまったのかもしれない。


キャンプの朝が好きだ。夕べは焚き火と星とウイスキーで寝るのが遅くなったにも関わらず、朝早く起きた。

子どもたちはまだ寝ている。火を起こして、濃いコーヒーにウイスキーをドボリと入れ、アイリッシュコーヒーを飲む。胃が温まり、頭が冴える。

今回持ってきた本は、俳優片桐はいり著の「もぎりよ今夜もありがとう」というエッセイ。
リラックスしたいときに読む本としてピッタリだった。

キャンプって、やっぱりいいな~。

Photo
岩の上からジャンプだ! 足がふるえるぜ。小中学生があの木のあたりからジャンプするのだからすごい! おじさん、完璧負けました。m(_ _)m

|

« オスとメスの人間行動学  | トップページ | デスクワークをしながら脚の体操でひざ痛解消と脚スリム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事