« 電車やバスの中で肩こり解消法!と肩胛骨美人  | トップページ | 親は子どもに時間をむしりとられるもの »

2013年8月28日 (水)

家族連れのキャンプのコツ

独身の時キャンプ好きだった男性も、奥さんがキャンプ嫌いになると家族でキャンプする機会が少なくなります。

最初は付いてきていた奥さんも、なぜキャンプが嫌いになっていったのか?そこがわかっていないと家族キャンプを楽しることはできません。(ちなみに虫が嫌いな女性は最初からキャンプは嫌いです)

女性がキャンプ嫌いになる理由は、後かたづけがメンドクサイが大きな理由の一つです。
女性が旅行に求めているのは非日常です。キャンプに行ってまで家以上の家事をしたくないのです。料理や後かたづけをやらされるとうんざりします。(料理好きでも後かたづけはやって欲しいはず)

そこでキャンプ好きな私が妻がキャンプ嫌いにならないように取り組んできたことをアドバイスします。(偉そうに 笑)

我が家の場合、基本的にテントは私一人で立てて、片づけるのも私一人です。(最近は息子も少し手伝ってくれます。嬉) 

妻の寝るマットにエアーを入れるのも私です。(肺活量アップの特訓だ!けっこうしんどい)

寝袋もたたむ時は力がいるのでなるべく私がやるようにします。

料理は二人で行いますが、我が家だけでのキャンプの時はシンプルにしています。初日はだいたいバーベキューです。肉は網で焼いて、ジャガイモ、トウモロコシ、玉ねぎをアルミホイルでくるんで炭の中に放り込んで蒸して食べます。飯ごうで米は炊かずにおにぎりを買います。お皿はほとんど紙皿で使い捨てです。これだと洗い物は網だけですむので楽ちんです。

生野菜が食べたいときは、トマトか、キュウリに塩ふってがぶりつきです。(現地の野菜がおいしい!)

朝は菓子パンにすることが多いのですが、余裕があるときは食パンを炭で焼いて、目玉焼きを一人二個づつ食べるときもあります。(すべて家で食べる量の倍、だって美味しいんだもの)

日中は、子どもたちを遊ばして帰りに温泉に行きます。(温泉は妻が喜ぶから。お肌に良い温泉がベスト)

そのぐらいやってあげると妻はキャンプといっても嫌がらずに付いてきてくれます。

ただ、我が家の場合、妻をキャンプに連れ出すのは成功したのですが、インドアな息子が強敵です。花火や息子の好きな骨付き肉をたくさん食べようと言ってキャンプに誘い出すことには成功したのですが、キャンプ二日目になると家に帰ろうと言い始めるので、最近は長くても二泊三日でやめています。(強引に連れて行くとキャンプ嫌いになってもらっても困るので、なるべく息子の意見を尊重しています)

その他気を遣うことはあるのですが、「雑用と後かたづけは男性がやる」その気持ちが家族でキャンプを続けるコツのような気がします。

と言うか、キャンプに行かないとワタシが発狂するのが怖くて、妻も付いてきているのかもしれませんけど。「キャンプ好きな夫を持つと苦労するわよ」なんて、陰口をたたかれていたりして!(笑)

 → 大人の夏休みはキャンプなのだ 

 

|

« 電車やバスの中で肩こり解消法!と肩胛骨美人  | トップページ | 親は子どもに時間をむしりとられるもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事