« 家族連れのキャンプのコツ | トップページ | テレビドラマ「とんび」のDVDを見て感動 »

2013年8月29日 (木)

親は子どもに時間をむしりとられるもの

「親は子どもに時間をむしりとられるもの」。この話を聞いたとき「そうだ、そうだ」と深く頷きました。

おむつ交換から始まって、食事、遊び、病院通い、保育園通い、行事、勉強、しつけ、と、毎日毎日やり、同じこと言い続けています。

ある意味不思議ですよね。独身の時は自分のために100%生きていたのに(ワタシはね)、結婚して子供が生まれたら、いつのまにか子どものための時間が圧倒的に増えているのですから。

そしていつのまにか、それはそれで良い。みたいに親らしくなっているのですから不思議です。

でもね、自分のことだけで悩んで、自分のためだけに生きていた頃より、子どもの将来を考えたり、子どものことで悩んでいる今の方が、心が充実しているようでもあるのです。(社会貢献をされる人の気持ちが少しわかってきました)

子どもに時間をむしり取られている今は今で、けっこう幸せなのかな~とも思っています。何度言っても聞かないときは、ムカッとくることもありますけどね。(笑)

子どもが自立して家から出た後、気力が萎える人の気持ちも、何となくわかるような気がします。

その頃、子どもこと以外で夫婦の会話ってどうなっているのかしら?

|

« 家族連れのキャンプのコツ | トップページ | テレビドラマ「とんび」のDVDを見て感動 »

育児」カテゴリの記事