« 人生は頂上に登らなくてもいいのだ | トップページ | 毎日のブログ記事の更新がついに途絶えるのか! »

2013年9月12日 (木)

膝が人生を語る

怖くて膝がふるえる」ということは現実にあります。膝を情緒で表現すると「恐れ」になります。

東洋医学で言うと、膝は「腎臓と水」に関連します。腎臓が弱ってくると体内の水分調整が機能低下し、むくみの原因にもなります。また「膝に水が溜まる」と言うように、膝には水が溜まりやすいのです。

水とは、命の水であり、我々は水がないと生きていけません。また水に溺れることもあり、恐怖心と表裏一体です。

恐怖心により膝は震え、力を失い、「膝を折って、ひざまずき、神に祈る」ようになるのです。

ひざまずくのが嫌な人は、膝を伸ばして、つっぱって生きます。半帳膝とは、膝が突っ張った状態なのです。

膝とは、その人の人生を物語っているのかもしれません。

|

« 人生は頂上に登らなくてもいいのだ | トップページ | 毎日のブログ記事の更新がついに途絶えるのか! »

心と体」カテゴリの記事