« 腰・背中の痛みの要因と自分で痛みを解消する方法 | トップページ | 運命の死は、たった9時間の”恐るべき空白”だった »

2013年10月18日 (金)

暇をつぶさない暇つぶし

現代は情報化社会でもあり、コミュニケーションツールもたくさんありますし、慌ただしいと言えば慌ただしい時代です。

電車に乗っても、ネットやメール、ゲームなど暇をつぶすツールはたくさんあります。

私の場合はそれが読書だったので、いつもポケットブックを持ち歩いていました。
しかし、最近は本を持ち歩くことも少なくなりました。  ボッーしているだけなんですけど、「暇でも まぁ いいか」ですむのです。

極端な物の言い方をすれば、人生の三分の一は暇をつぶすために生きているのではないかと思うこともあります。

だって本なんか読まなくったって生きていけるでしょ。

ブログで、何食べた、どこ旅行に行ったなど、読むのだって、書くのだって、ぶっちゃけた話し暇つぶしみたいなものでしょ。(笑)

つまり人生の三分の一がしてもしなくても良いことだと考えると、暇をつぶさないのも、おもしろい暇つぶしになるわけですよ。

待ち時間に本を読んでいた私は、外出するとき本がないと不安だったわけです。

タバコを吸う人がタバコが気になるのと同じです。私はタバコをやめられた時、一つの自由を手に入れたような気がしました。タバコを持ち歩かなくてはいけない呪縛からの解放です。

そして本を持ち歩かなくても良いといった気持ちも、一つの自由であり解放感があります。

コミュニケーションツールだって同じことです。「コミュニケーションなんかそんなにとらなくてもいい」と思えば、それはそれでコミュニケーションと言った束縛から自由になれると思います。

知り合いでSNSで日記記事を投稿していた人が、「止めたらスッキリした」と言っていました。そんな気持ち何となくわかります。

「暇をつぶさない、暇つぶし」 「ボッォーとする」ってわりと貴重でもあり、忙しさになれすぎた現代人はそれが一番難しくもあり、大切なのかもしれません。

A1180_004759

  オレを甘く見るな。  考えているんだぞ!

|

« 腰・背中の痛みの要因と自分で痛みを解消する方法 | トップページ | 運命の死は、たった9時間の”恐るべき空白”だった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事