« 運命の死は、たった9時間の”恐るべき空白”だった | トップページ | パニック障害は身体のトラウマを見逃すな »

2013年10月22日 (火)

「膝の水」と情緒

膝を情緒で表現すると「怖れ」です。

怖くて膝がふるえる」と言う通り、膝と恐怖心は身体と心として関連しあうところでもあるのです。

東洋医学で言うと、膝は「腎臓と水」に関連します。腎臓が弱ってくると体内の水分調整が機能低下しむくみの原因にもなります。また膝を故障したら「膝に水が溜まる」こともあるように、膝と水は関連性が強いのです。

水とは、命の水であり、水がなくなるのも恐怖ですし、また水が多すぎるのも溺れるといった恐怖でもあります。

人は恐ろしい場面に出くわすと膝がガタガタ震えてきます。また、震えがより恐怖心を生むこともあります。

そしてそのその恐怖心に屈服すれば、「膝を折って、ひざまずく」祈りになるのです。

ひざまずくのが嫌な人は、膝を伸ばして、つっぱって生きます。半帳膝とは、膝が突っ張った状態なのですが、ひょっとしたら膝を固く伸ばして、人生も突っ張って生きているのかも知れません。

からだは語っているのです。

|

« 運命の死は、たった9時間の”恐るべき空白”だった | トップページ | パニック障害は身体のトラウマを見逃すな »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事