« 寒くなりかけの時期に身体を冷やさないキーワードは首にある | トップページ | その痛みはストレッチをしても逆効果 »

2013年11月26日 (火)

ネガティブな人が人付き合いで気をつけること

人はポジティブとネガティブの二つの面でバランスを取り合いながら生きているのですが、心理学の言うところによると、ネガティブの方の比重が高く出る傾向があると言います。

また情緒などの根本気質は、親からの遺伝が強いとも言います。つまり普段から明るい気分か暗い気分か、などです。

そう考えるとネガティブ思考の強弱も遺伝によって左右されるのではないでしょうか。

だから努力してポジティブに生きようと頑張っても、長続きしないような気がするのです。

よく自己啓発セミナーで一週間ポジティブになれたけど、すぐ元のネガティブな自分に戻ったとか、繰り返しセミナーを受けるようになったりすると聞きます。

私も、一時期「プラス思考で生きると幸せになれる!」的な本を読んでいたのですが、繰り返し同じような内容の本を読んでも、やっぱり元の自分に戻るんですよ。

そのことに気がついてから、自己啓発的な本を読むのはやめました。

今は「別にネガティブでもいいじゃん」と、開き直って生きています。

ただ人との関わり合いで気をつけなければいけないのは、相手に対してもネガティブ面ばかりをついつい見てしまうことです

相手の悪いことろばかりが目に付き、良いところが見えなくなるのです。

いくら自分がネガティブでも、人のことは良いところを見るようにした方が良いと思うのです。
意識的に人の良い面を見るようにするうちに、自分のことも良い面を見られるようになればいいですけどね。

|

« 寒くなりかけの時期に身体を冷やさないキーワードは首にある | トップページ | その痛みはストレッチをしても逆効果 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事