« 意外に多い男性の「冷え」 | トップページ | イライラする原因をすり替えていた! »

2013年12月10日 (火)

女の子は生まれたときから小悪魔

1歳になったばかりの娘は、父親の私をチラッと見ては、ハイハイして去っていきます。止まっては振り返り、私を試すような目で見て、またハイハイして去っていくいくのです。

お父さん、その可愛さにたまらずハイハイしながら娘を追いかけるのですが、娘は逃げます。(笑)

女子は1歳にしてすでに男を誘う術を知っているんですよ。きっと。

息子が小さい時はそんなふうに誘ってきませんでした。「お父さん あそぼっ!」とダイレクトに突進して来ました。今でも親子の闘いごっこでタックルや跳び蹴りなど、油断したら骨が折れそう遊びをしています。(笑)

娘は何度も何度も父親の目を見て誘い、追いかけるとそっぽを向くのです。
ひょっとして、生まれた時から男の気を引く心得を持っているのですかね~。

「このへんで誘って相手にちょっと気を持たせて、この辺でちょっと引いて追いかけてくるかどうか様子見て、その反応で相手を確かめて、良かったらまた軽い誘いをかけて・・・」といった一連かけひきを父親相手にくり返し実践することで、将来の来るべき本番のために、きっと訓練をしているのです。

そう思うと、父親も娘の恋愛の訓練に乗ってあげた方が将来的に良いのかなと思うのです。

他にも、娘の恋愛練習に付き合ってあげることの利点があります。

異性の父親はつまり彼女にとって人生で一番最初に出会う男性でもあるわけです。一番最初の異性に好かれていることが確認できるってことは、その後の異性に対しての自信につながると思うのです。

だから娘の恋愛ゲームに乗ってあげることが、彼女の女性としての自信につながればな~と思いながらゲームを楽しんでいます。

そうしたら変な男性にひっかかからないでしょ。 たぶん (笑)

しかし、娘の恋愛の訓練に付き合っていると思うのも父親として複雑な気分だな~。
娘の幸せを見たくもあり、ちょっと寂しいとも思うし。

なかなかね (笑)

P9260280

   ワタシに なんか用事でも?

|

« 意外に多い男性の「冷え」 | トップページ | イライラする原因をすり替えていた! »

育児」カテゴリの記事