« 平等・公平な社会などないと思っています | トップページ | 子どもを叱った後に後悔することも »

2014年1月17日 (金)

映画 「リバー・ランズ・スルー・イット」

気持ちが落ち込んだときや、リラックスしたいとき、決まってこの映画をDVDで見ていました。たぶん今まで30回ぐらいは見ているはずです。

古き良き時代のアメリカのモンタナ州。ゆったりとした時間が流れ、素朴な自然の中を川が流れていく。

そんな映像を見せられただけでも心惹かれるのに、若かりし頃の躍動感溢れる俳優ブラッと・ピットがフライフィッシングをする風景は、「美しい」の一言です。

男の私でも惚れ惚れしました。

私はこの映画を見ていると、いつも映画の中の「風」を感じます。目に見えない澄んだ「風」を感じさせてくれる映画を撮ったのは、ロバート・レッド・フォード。

彼は俳優としても監督としても超一流です。

映画はミステリアスでもないし、派手なアクションがあるわけでもありません。
自然の美しさと人間愛、そして悲しみを受け入れて生きていく姿に感動をもらえました。

私の評価 ☆☆☆☆☆ 

☆☆☆☆☆ 美しい映像美
☆☆☆☆☆ 人間愛
☆☆☆☆☆ 俳優

|

« 平等・公平な社会などないと思っています | トップページ | 子どもを叱った後に後悔することも »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事