« JIRO整体 冬のキャンペーン | トップページ | お酒の上手な飲み方!? »

2014年2月15日 (土)

「老人漂流社会」 NHK取材班

       

本書は、NHKが先に放送し出版して大反響を呼んだ 

「無縁社会」 NHK取材班」 に続いて、2013年1月に放送されて大反響を呼んだNHKスペシャル「老人漂流社会」を書籍化したものです。

歳を取ることは罪なのか」といった番組のキャッチコピーが、最後まで頭から離れません。

なぜ、一生懸命働いて税金を納めてきた善良な市民が、「死に場所がない」自体に追い込まれなければいけないのか?

子どもがいない夫婦が高齢になって介護が必要な病気を長期に患うことのたいへんさや、
子どもがいても子どもに余裕がなかったり病気だったりする例もあります。

介護施設や病院の数が足りないことや、民間施設の利用料の高さ。
極め付きは年金の格差問題。なぜ払った額は同じなのにもらう年金に違いが出るのでしょうか?

なぜ政治は弱者にとって一番苦しくなる消費税は上げて、不平等な格差社会問題に取り組まないのでしょうか? 

金持ちが金持ちのための国作りをしているとしか思えません。この国の暗部を知れば知るほど憤りを感じます。(だから国民幸福度順位がダントツ低いのだ)

本書の書いてあることは、我々一般人にとって人ごとではありません。
病気になれば一気に状況は変わり、自分自身も漂流する可能性があるということです。

日本国民のすべての人が読んだ方が良い一冊かもしれません。

|

« JIRO整体 冬のキャンペーン | トップページ | お酒の上手な飲み方!? »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事