« 男性だけど私は足先の末端冷え性 | トップページ | 「身体のホームポジション」 レベルの高い本でした! »

2014年2月27日 (木)

足裏を温めて幸せ気分

私は男性ですけど冷え性です。布団に入って寝るときも、靴下を2足履いて寝ていました。

それを見かねた妻が、ラジオの番組で宣伝していた冷え性の方におすすめの敷き毛布とかけ毛布を買ってプレゼントしてくれました。(5000~6000円)いままでもそれより値段の高い毛布を使っていたのですが、今回の毛布はビンゴでした。それ以来靴下を履いて寝ることはなくなりました。

しかし、日中足が冷えるときもあります。

わたしの場合、一旦冷えると靴下を何枚履こうが意味はありません。自分で足のマッサージをしても、運動やストレッチをしても、生姜紅茶ドリンクを飲もうと、自ら熱を作り出す能力が低いのか、あまり効果はありません。

お風呂に入るとようやく温まります。

季節性うつ病や自律神経失調系の方が冬が苦手な人が多いように、健康な人でも晴れた日が少ない冬は気持ちが落ち込みやすくなります。

私も足が冷えると憂うつになります。先日、ストーブに足裏を当てて仰向けで寝ていたのですが、その気持ちのいいこと。昼寝はあまりすることはないのですが、あまりの気持ちよさに、つい、うとうとして眠りました。数10分寝て起きた後は、憂うつ気分も吹っ飛んでいました。

足裏には、首、仙骨(骨盤)に続いて、神経の感覚受容器が多いので足裏も首同様、脳に影響を及ぼしているのです。

足ツボ療法やフットセラピーが何百年(何千年?)と続いているのも、ちゃんと効果があるからです。

足裏を温めると、気持ちの面でも良い効果があると思います。

関連記事

  ↓

冬の足先の冷え

  • 意外に多い男性の「冷え」
  • 寒くなりかけの時期に身体を冷やさないキーワードは首にある
  • データが証明する足先の冷え症対策 
  • 冷え性改善方法
  • |

    « 男性だけど私は足先の末端冷え性 | トップページ | 「身体のホームポジション」 レベルの高い本でした! »

    身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事