« 東洋医学の食事「まごはやさしい」 | トップページ | 部屋の整理の秘訣は、幸せになる物だけ残すこと »

2014年3月 7日 (金)

「魔が差す」と悪魔に刺される

人間の心には、悪魔と天使が同居している

善人と思われていた人が悪になるときもあれば、悪人と思われた人の心にも善があります。

今まで普通に社会生活を送っていた人が、魔が差したばっかりに犯罪を犯すことがある。

心の中の天使と悪魔の力関係が悪魔の方に偏ったのだ。

最初は、しょっとした魔が差した行為を、そのまま放置しておくと本格的に悪魔に魂を刺されてしまう。

「より良い会社、より良い社会」を目指して頑張ってきた者が、いつしか組織や自分の利益ばかりに目がいき不正を犯すことも珍しくない。

なぜ、魔が差すのか? 

たぶん魔が差す事前に欲求不満が強く出ていたはずだ。それは怒りや恨み、妬みや嫉妬、将来性のなさ、悪をくい止める愛情の不足かもしれない。


自分の苦しさを言葉で上手く表現できないでいると欲求不満が溜まる。何となくの苦しみを理解できないでいると悪魔が心を刺してくるのだ。

「人間の心には、悪魔と天使が同居している」 

自分に油断をしてはいけない。自分と対話をする能力がないと悪魔が入り込む隙を与えてしまう。

「魔に差されていない」 それだけでもすごいことなのだ。

 

Photo    悪魔よ ちょっと待った! 毒まむしをなめんなよ

|

« 東洋医学の食事「まごはやさしい」 | トップページ | 部屋の整理の秘訣は、幸せになる物だけ残すこと »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事