« ストレス病になりやすいタイプには | トップページ | 「養生の実技」 五木寛之流でした »

2014年3月13日 (木)

朝、腰が痛くて目が覚めるを軽くする方法

朝、腰が痛くて目が覚めることがあります。私の場合、6時間以上布団で寝ると背中から腰が固まってきて痛くなることがあります。休みの日など、もう少し長く寝ていたいときもあるのですが、7時間寝られればいいところです。

毎日数分間でもストレッチを行っていたのですが、なかなか改善とまではいきません。

最近私が寝る前に行っている方法は、仰向けに寝た状態でテニスボールを背中に当てて圧迫する方法です。

ただ、私の場合は、ボールで筋肉を圧迫するのではなく、背骨沿いにボールを置いて、身体を左右に少し回旋させながら、関節を圧迫するような矯正を意識しています

実はこの背中の圧迫方法は、ある器具を使って以前から行っていたのですが、効果がないばかりか、逆に背中が痛くなることもありやめていました。(時間が長かったのと、圧迫する箇所が自由にできなかったのが原因だと思います。

そこで最近はテニスボールを使い、背中の筋肉ではなく、背骨の際の関節を圧迫するようにしたのです。圧迫する時間も以前は一箇所につき1分間ぐらい圧迫してたところを、一カ所につき5秒間だけの圧迫して、ボール一個分ずらしながら是骨沿いを上下して圧迫してみました。

時間があるときは、ストレッチ(大腰筋と腰ひねり、下半身がメイン)とテニスボール圧迫を行っているのですが、いままで寝てから6時間ぐらいで痛くなるところを7時間ぐらいは寝られるようになりました。

これからも続けていけば、もっと期待できるかもしれません。

仰向けで膝に枕も入れて寝るのも良いのですが、私の場合、すぐ横向きになるのでやめました。

.

関連記事

→ なぜ腰痛が長引くのか?疑うべき関節と筋肉

→ 腰・背中の痛みの要因と自分で痛みを解消する方法

→ 愛知県名古屋市守山区で腰痛整体

|

« ストレス病になりやすいタイプには | トップページ | 「養生の実技」 五木寛之流でした »

腰痛」カテゴリの記事