« 「NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる」 | トップページ | 卒園式 »

2014年3月24日 (月)

名古屋で腰痛・骨盤矯正整体 仙腸関節機能異常が原因かも

腰痛の3~5割の人は、仙腸関節(骨盤)の機能不全が原因になっていると思われます。

仙腸関節とは、腰の骨の下にある仙骨(その下が尾骨)と、お尻の骨の左右ある腸骨とをつなぐ関節です。

なぜ仙腸関節(骨盤)が原因の腰痛だとわかるのかというと、私の場合、まず始めに仙腸関節の矯正をしてみます。

どこの筋肉もほぐさず、いきなり骨盤だけを矯正して、その場ですぐ腰痛の軽減を確認します。

骨盤矯正だけで腰痛が消えたら、骨盤が原因だったのだとはっきりと答えが出てきます。

矯正と言ってもボキッといった腰を捻る矯正ではなく、ソフトなタッチの骨盤矯正です。左右の仙腸関節を矯正しても3分もかかりません。

このソフトな矯正は、腰痛がない方も身体全体を整えると言う意味でプラスになります。

そして再び腰痛の検査をすると、だいたい3割~5割ぐらいのクライアントさんが症状が軽くなったと言われます。

また、「どのくらい症状が軽減しましたか?」と聞くと、低い人で3割、効果が高い人で8割ぐらいの方が腰の痛みが軽くなったと言われます。

* 「ぜったい治る」とかというものではありませんし、効果がない方もいます。

現代医学では仙腸関節は動かない関節とも言われていたのですが、最近では医師も仙腸関節機能不全が原因の腰痛があることを認める医師も出てきました。

医師が書いた参考になる著書

→ ”一生痛まない強い腰をつくる” 、ことは可能なのか!

ちなみに整体やカイロなどの手技療法では、百年も前から骨盤矯正の重要性を説いていました。

私の経験ですが、座っていることが多い方や、40歳以上の方は仙腸関節矯正の効果が高いみたいです。

.

関連記事

→ なぜ腰痛が長引くのか?疑うべき関節と筋肉

→ 腰のどこが痛いの?を知る腰痛簡単検査法

|

« 「NHKスペシャル うつ病治療 常識が変わる」 | トップページ | 卒園式 »

腰痛」カテゴリの記事