« いつまでも異性に好かれていたい!その秘訣? | トップページ | 「チャンプ」 ジローが一番泣いた映画 »

2014年4月16日 (水)

社会性が高い人ほど肩が凝る

大事なプレゼンの日や、緊張する相手と会った日は、「肩が凝った」と言う表現を使うこともあると思います。

「肩が凝る」ということは、肩の筋肉が収縮するということです。

では、なぜ運動もしていないのに肩の筋肉が収縮するのかというと、肩で感情をコントロールしているからです。

身体言葉で言う「怒り肩」は、肩に力を入れて自分の感情を抑えているのです。

人間は一人では生きていけません。生きるためには社会性が必要です。社会性とは自分の感情をコントロールできることです。

その中でも特に怒りの感情はコントロールする必要があります。泣くとか、笑うとか、人に害がないけど、怒りはその矛先が自分に向けられると怖いと感じるでしょ。だから怒っている人には人が近寄らなくなるのです。

社会性が高い人ほどそのことを知っているから、肩を固くして自分の感情を上から抑えつけているのです。

つまり社会性が高い人は、「肩が凝る」ことも多いということです。 

ただ、肩を抑えつけすぎていると、時として感情が暴動を起こしますので、ご用心ください。

|

« いつまでも異性に好かれていたい!その秘訣? | トップページ | 「チャンプ」 ジローが一番泣いた映画 »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事