« 息子はピカピカの一年生。 | トップページ | 人つき合いの極意! »

2014年4月22日 (火)

全身が固くなりやすい人のパターン

身体が固くなりやすい人の場合、いきなり全身が固くなるのではなく、体の中のどこか一部分が先に固くなって、全体に拡がるパターンが多いです。

例えば、奥歯を噛みしめてアゴが固くなると連動して首が固まります。首が固くなると同じ筋肉の肩がこり始め、今度は背中に拡がってきます。

人によってはアゴが固まると、こめかみ、頭痛、そして全身の硬直となる人もいます。

アゴの感覚受容器(知覚センサー)が、アゴの緊張情報を脳へ送りつづけることによって、脳から全身へと緊張を伝えてしまうのです。

また、身体は一部の関節が不自由になることによって、近隣の関節がそれを補い、かばい合いをすることで、全身のバランスが崩れ、身体全体が固まることもあります。

どちらにしても、身体のどこかの一部分が固くなることによって、連動して全体が固くなることがあるので、どこか固いなと思ったら、早めにその部分の関節を調整することによって全身の硬直を防ぐことなります。

   岩のように硬いからだをロックの上で緩めようぜ!

4

|

« 息子はピカピカの一年生。 | トップページ | 人つき合いの極意! »

身体の歪み・足・膝・肩」カテゴリの記事