« 「すべらない話し けっこうすべってるでしょ | トップページ | 「スポーツ選手よ 強くなるには哲学を持て」 二重課題 »

2014年4月 9日 (水)

感謝する相手は親じゃないでしょ!

「感謝力」なんて、流行本のタイトルのような安っぽさを感じる。

そもそも感謝なんて人から言われてするものでもなく、感謝の気持ちが自然と出てくるものだと思います。

ある大物演歌歌手は、コンサートの時年齢層の高い観客にむかって、「子どもは親に感謝せねばなりません」とトークするそうです。

観客は、「今の話を自分の子どもに聞かせてやりたい」!と、感激して、その演歌歌手の話を聞き入るそうです。

性格のひねくれている私から言わせると、「親に感謝しろっ」て、人から言われてするものじゃないでしょ。感謝したくなるような育てられ方をしたら心の奥から自然発生的に感謝の気持ちが出てくるものでしょ。

演歌歌手の口車に乗ってはいけません。(笑)

しかしです。配偶者には感謝の気持ちを意識的にでも持っていた方が良いかもしれません。だって赤の他人ですから。

その他人同士が支え合っていきていくのですから、すごいことだと思うのです。

脳科学の本に書いていました。マンネリ化は脳にとって毒となるそうです。夫婦関係で言えば、「やってもらって当たり前」「一緒にいて当たり前」と思い出したら要注意です。

親に感謝するのは意識する必要はないけど、夫婦間は意識した方が良い。そしてなるべく感謝の気持ちを言葉にして伝えること。

JIRO整体もたまには良いこと言いよるわい!(笑)

|

« 「すべらない話し けっこうすべってるでしょ | トップページ | 「スポーツ選手よ 強くなるには哲学を持て」 二重課題 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事