« 顔を見ればピタリとわかる | トップページ | 「がんばらない」鎌田寛著  »

2014年5月15日 (木)

母と子の夕暮れ時の散歩姿

夕暮れ時の公園からの帰り道、夕日をバックに母親と3歳ぐらいの男の子が手をつないで歩いていました。

手をつながれた子どもの絶対的な安心感のある笑顔と、手を優しく包み込む母親の愛情の温もりがこちらまで伝わってきました。

その子にとって今が人生の黄金の日々なのかもしれません。

人の幸せって身近なところにあるのかもな~」と、感情がこみ上げてきました。

日常を慌ただしく暮らしていたら、ついつい身近な幸せを見落としてしまいがちです。

余分なお金を稼ぐために自分の人生、この国は間違った方向へいってないだろうか。そんなふうに思うのです。 

人生は、もっと単純で良いはずです。

|

« 顔を見ればピタリとわかる | トップページ | 「がんばらない」鎌田寛著  »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事