« 「がんばらない」鎌田寛著  | トップページ | 巷で噂の便秘改善方法 その二 »

2014年5月19日 (月)

エラ張り四角顔を自分で矯正

小顔の人でも、アゴの筋肉が硬くなってエラが張っているような四角顔で悩んでいる女性もけっこういます。

「何でエラが張るの?」と聞かれたので、「それは歯を食いしばって頑張っているからアゴが発達したんですよ」と答えても、「そんなに頑張ってないのにな~」と、納得いかない様子。

実は顎の筋肉って、一旦緊張状態が続くと緩みづらい性質があるのです。

だから今頑張っていなくても、過去に歯を食いしばってすごく頑張ったことがある人は、アゴの緊張が筋肉にしこりを作っていったとも考えられます。

ちなみに私の身近な人は、負けず嫌いな性格でエラが張っています。(笑)  → あごの筋肉が張る性格

エラ張り顔にも二種類ありまして、持って生まれた骨格によるエラ張り顔と、後天的に作られていったエラ張り顔があります。

持って生まれたエラ張り顔は、顔の骨格なのでしょうがありません。

骨格ではなく、頑張る性格?で作られていったエラ張り顔の場合、アゴの関節の下辺りの筋肉にコリコリとした硬いしこりがあります。

このアゴのしこりは肩こりみたいなものなので、放っておくとどんどん硬くなり大きくなってくるので、まるでエラが張ったように四角顔になってきます。

実は小顔矯正ってこのしこりを取ることでもあるのです。

自分でエラ張り顔を改善する方法は、自分で顎関節部分のしこりを指圧してほぐしてください。その後、石けんやオイルで流すようにマッサージするのです。オイルエステですね。

根気が必要ですが毎日お風呂で自分でやれば効果はあります。

アゴの関節を緩めてアゴ指圧をするともっと効果が高まります。また、アゴが固い人は首も固くなっているので首を緩めると速効で小顔の実感が湧いてきます。

.

関連記事  

  ↓

 スッキリ小顔は首の矯正がポイント 

 名古屋 小顔矯正は首の矯正で効果倍増

 小顔矯正は首の矯正で効果倍増 

|

« 「がんばらない」鎌田寛著  | トップページ | 巷で噂の便秘改善方法 その二 »

美容整体」カテゴリの記事