« 巷で噂の便秘改善方法 その一 | トップページ | 母と子の夕暮れ時の散歩姿 »

2014年5月14日 (水)

顔を見ればピタリとわかる

私はサウナに行くことが多いのですが、その時人間観察の訓練をしています。

サウナから出たら水風呂に入ります。その時、いきなりドッボンと入ってくる人と、かぶり水で汗を流してから水風呂に入る人がいます。

ちなみにサウナ部屋や水風呂の壁には、「水風呂に入るときは汗を流してからお入り下さい」と、マナーを促す張り紙が4枚貼られているのですが、あまり効果がないようです。

私が見ている限りは、半数以上の人はかけ水はしていません。そしてかけ水をしない8割の人は50歳を過ぎています。

その時サウナから出てきた人の顔を見ては、「この人はかけ水をする、しない」と顔を見ては予測しているのです。

今では90%当たります。

40歳を過ぎた頃から親から受けついだ免疫系の遺伝子が減少してくると本で読んだことがあります。

もちろん遺伝は免疫に限らず容姿の遺伝も減少してきます。

例えば昔アイドルだった人を見ても、向上心を持って生きていた人と、ただ親の遺産である美貌にあぐらをかいて生きてきたアイドルでは40代になると大きく差が出るでしょ。

それは40代で親のプラスの遺伝が切れ始め、自分の隠れていた精神性が顔に出始めるからです。

関連記事 → 40歳は化けの皮がはがれるお歳頃 

それが50代になるとはっきりと人間性が顔や目つき、態度に出てきます。自己チューな人は自己チューの顔つきになってきますし、態度や行動にも出てきます。

だからサウナでいきなりドッボンと周りの迷惑も考えない行為をする人の顔を見れば予測がつくのです。

自己チューよりもっと意地悪で無責任で自分勝手で他罰的な人は目つきがすごく悪い。

「君子危うきに近寄らず」なので、早々に退散します。

顔は履歴書だとはよく言ったものです。

人を見るとき相手の社会的地位に惑わされてはいけません。顔つきや目つきを見るのです。そして危険だと思ったら距離を置くことです。

ちなみにJIRO整体に来る女性の半分の人は、私の写真を見て直感で来ることを決めたらしいです。(*^_^*)

→ JIRO整体に行こうか迷っている人へ

|

« 巷で噂の便秘改善方法 その一 | トップページ | 母と子の夕暮れ時の散歩姿 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事