« 巷で噂の便秘改善方法 その二 | トップページ | 頭と首の間が硬い、首が凝る場合 »

2014年5月21日 (水)

親の言葉で人格形成

子どもの頃から親から何の気無しにかけられていた言葉は、大人になって死ぬまで影響すると言います。

幼少期より親からかけられた言葉は、潜在意識に奥深くに入り込むのです。

例えば、「いつも失敗ばかりね」「無理なんじゃない」「だからあなたはダメなのよ」。
こんなネガティブな言葉で育てられると、自信のないマイナス思考的な性格になっても仕方ありません。

あなたなら大丈夫」「それが良いところよ」といったありのままの自分を肯定してくれるプラスの言葉で育てられると、自然とプラス思考的な性格になりやすいのです。

もちろん遺伝的気質や脳の神経伝達物質、ホルモンの影響も大きいのですが、自分の存在を肯定的な育てられた人と、否定的に育てられた人とでは、少なからず人格形成面で差がでると思います。

養育期の親からの言葉なんて本人にはどうすることもできません。

潜在意識に入ってしまったものはしょうがないとして、これからの人生を自分の言葉で塗り替えて生きる方が得策です。

|

« 巷で噂の便秘改善方法 その二 | トップページ | 頭と首の間が硬い、首が凝る場合 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事