« ガンコな首肩こりは首の関節に問題があった  | トップページ | 人間関係が上手くいき出すプチ認知療法 »

2014年6月13日 (金)

「整体入門」 野口晴哉著 

            

 

 

著者は野口整体の創始者。すでにお亡くなりになっていますが、日本の整体の礎を築いてこられた方です。

整体というと、ボキバキで捻ってひねってというイメージがあるかもしれませんが、本書は、「自分で治す」に重点を置き、心身論から人生論まで幅広い内容です。

p167  ネチネチといつまでも噛んでいるような食事法は、胃袋によい食事法とはいえません

わたしもぜったいそうだとおもっていました。(早食いです。笑)

p200も しも相手(クライアント)にマゾヒズム的傾向が起こっていると見極めたら、痛みを与えるという方法がどんなテクニックよりも効果を発揮する・・・

裏の心理を付いていますが、、、。(笑)

代替療法や東洋医学に関心がある方なら、興味の湧く内容だと思います。

野口氏の思想は、齋藤孝教授や五木寛之氏、その他あちこちの著書で引用されるほど、各著名人の思想にも影響を与えています。

|

« ガンコな首肩こりは首の関節に問題があった  | トップページ | 人間関係が上手くいき出すプチ認知療法 »

本の紹介 健康・心・身体」カテゴリの記事