« 人間関係が上手くいき出すプチ認知療法 | トップページ | その机と椅子だから首肩凝りになる »

2014年6月17日 (火)

友人の振り見て我が振り直せ

「人の振り見て我が振り直せ」とは、自分の友達をしっかり見ることが、我が振りを見るヒントにすることです。

友人関係は義務で付き合っているのではなく、人生に置いての価値観が同じか、精神的レベルが同じで、居心地が良いから一緒にいます。

だから友人の行動を見て、良い点が多いのなら同じように自分も良い点がたくさんあるはずですし、イヤだなと思う点が多いのなら、自分も形を変えた同じレベルでイヤな面を多く持っているはずです。

身近な友人を見ながら、こんな時自分ならどうしてただろうか?と思うのも訓練にもなります。

例えば、友達が怒っているとき、端から見ればたいして怒ることでもないのにと、第三者の立場で冷静に見ることができるでしょ。

それを自分が怒ったときのことを思い浮かべてください。

なんとなくだけど、友人の気持ちがちょっとわかったり、自分の本当の気持ちがちょっと見えてくると思います。

身近な友人をちゃんと見るからこそ、自分が見えてくるところがあるのです。

|

« 人間関係が上手くいき出すプチ認知療法 | トップページ | その机と椅子だから首肩凝りになる »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事