« がに股歩きと内股歩きの性格 | トップページ | 悩み多き人は目的第一思考法で生きる »

2014年7月 2日 (水)

いま、この日本

日本という国は未曾有の危機に向けて一歩足を踏み出したのかもしれません。「集団的自衛権の行使」容認は、国のかたちそのものを変えます。

「自衛隊を軍隊へ」、「日米安保の役割」、「今は以前と違って日本を取り巻く環境がかわった」、「尖閣諸島問題」など、言っている意味はわかります。

ただ、これほど今後の日本を左右しかねない重要な安全保障政策の転換なのに、正規の憲法改正手続きをせずに一内閣による憲法解釈の変更で行っていいのでしょうか。

そんなことを許せば戦後60年築き上げてきた憲法の価値が損なわれます。

今後の日本を左右する問題は、国民に問うべきです。

国民が判断すべきです。

それをせずにこのような重要なことを決めると言うのは、戦前に逆戻りと同じです。

これは集団的自衛権容認が良い悪いの問題ではなく、戦後60年続いてきた憲法を一内閣の解釈で変更することが一番の問題なのです。

これに対しては集団的自衛権容認の賛成派、反対派も関係ないのではないでしょうか。

政治家があとで必ず使ういいわけは、「あの時は党の方針で仕方がなかった」です。
選挙も国民投票も行わないのでは私達国民は置き去りです。

戦争は起こすより、戦争を起こさない方がすごいエネルギーが必要です。

それだけ突き進もうとする人間を抑えることは難しく、濁流の如く人々を巻き込んでいきます。

軍拡が本当に戦争の抑止力になるのでしょうか?

|

« がに股歩きと内股歩きの性格 | トップページ | 悩み多き人は目的第一思考法で生きる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事