« 100年後にはみんな死んでいる | トップページ | いま、この日本 »

2014年7月 1日 (火)

がに股歩きと内股歩きの性格

がに股で歩く人に、内気な性格の人はあまりいないような気がします。

がに股歩きはつま先が外側の方向に向いています。行動心理学で言うと、意識が外に向いていると言うことです。つまり性格も外向的であり、社交的なことを苦にしないタイプ。

反対に、内股歩きの人は性格が内向的。ちょっと人見知りであったり、遠慮がちなところがあるタイプ。

これは私の過去に出会った人の勝手なイメージなのですが、がに股の人が笑うときは、わりと大きめな声を出して周囲を引きつけて笑う人が多く、内股の人は、口に手を当てて「ふっふっふ」と、静かに含み笑いをする人が多かったような気がします。

持って生まれた気質が歩き方に影響を及ぼしているのか、たまたまの歩き方が性格に影響を及ぼしているのかは知りませんが、カラダのしぐさや動かし方は、隠れた性格を現していることもあります。

関連記事

  ↓

なぜNHK朝の連ドラの”ゆいちゃん”は、だらしない姿勢になってしまったのか

チンピラの姿勢とパソコンをよく使う人の姿勢は似ている!

あごの筋肉が張る性格

|

« 100年後にはみんな死んでいる | トップページ | いま、この日本 »

心と体」カテゴリの記事