« いま、この日本 | トップページ | 「パリ、テキサス」 男は歩きたくなる »

2014年7月 3日 (木)

悩み多き人は目的第一思考法で生きる

これは私自身が心がけていることなのですが、迷っているときや、苦手な人と付き合わなければならないとき、本来の目的を思い出して行動するようにしています。

例えば、何のためにその人と関わっているのか。

何のためにその仕事や用事をするのかと、自分に問いかけてみるのです。

そうすると、「もうイヤだ」と、投げ出したくなるマイナスの感情的思考が、この状況を「どう対処すべきか」と、冷静な思考に変化してきます。

例えば、仕事でイヤな人とつき合わなければいけないとします。その時、「何のために仕事をしているか」と根本的な目的を考えてみるのです。

やりがいのある仕事。

自信のもてる仕事。

それは仕事に対しての希望であり、想いです。

仕事は想いと、「お金をいただく」といった現実の目的があるはずです。

お金をいただくことは、自分が生活できること、家族と共に暮らせることが一番の目的になると思います。

その目的のために、「苦手なことも我慢しよう」といった気持にも少しはなれると思います。

タレント漫画家の蛭子さんが言ってました。「サラリーマンは我慢することも給料の内」と。名言です。

その「イヤだな」と思った感情を変えようとするのではなく、人生を感情だけに支配されない冷静さを取り戻すために、目的第一を考えるようにするのです。

この目的第一生き方は、優柔不断になりがちな方や、人間関係で悩みがちの人には抜群に効果を発揮します。

私は目的第一思考生活を日頃から徹底するようにしているのですが、これによってストレスの半分以上はなくなったと思います。

 

 

A1180_010915        ちょっと重いけど、これが私の仕事

|

« いま、この日本 | トップページ | 「パリ、テキサス」 男は歩きたくなる »

脳・心の話」カテゴリの記事