« 友人関係を見ればわかること | トップページ | 終戦の日に思う »

2014年8月14日 (木)

せっかく一人の夜を過ごせるのに・・・

妻と子どもは近所の実家に二日間泊まる予定なので、久しぶりに一人でのんびりできると喜んでいました。

静岡に夜の出張が入たのでそのままホテルに一泊。これで子どもたちとは3日会わないことになる。次の日の名古屋の予約が夕方で終わったら後は一人でゆったりと過ごすのみ。

録画していたテレビを酒を呑みながら見るなんて久しぶりだ。いつも娘は私が寝ようとしないと寝ないの夜早々に寝ることが多い。

次の日、4時に仕事が終わった。今日も一人なので子どもたちがいないうちに何かしようと思うのだけど、どうもこうもやる気がでない。

テレビも見たくないし、本も読みたくない。車がないので出かけることもできない。
じゃ、ダラダラしてようかなと思うのだけど、そのダラダラが気にくわない。せっかく一人になれたのだから何かせねばと思ってしまう。

だけど何もしたくない。

寝ていたくもないし、起きて動きたくもない。とにく身体がだるいわけでもなければ、憂うつでもない。

しょうがないからそのまま横になっていたら、ちょっと小腹が空いてきたので冷蔵庫に残っていたカレーを温めて食べることにしたら、ちょっと動く気になってきた。

食べた後、またやる気でない地獄に落ちるのはイヤだったから、カレーを辛くしたら気合いが入るのではないかと、タバスコと一味唐辛子を手のひらにのるぐらいの量を加えた。

久しぶりの激辛カレーだ。

汗を出し、フーフーと言いながら、カライ、辛~いカレーを食べたらちょっとやる気が出てきた。

よし いいぞ!

ただ、その日の夜は激辛カレーのせいでお腹が痛くなり、一人の時間を楽しむというわけにはいかなかったんですよね。

オイラの人生、いつもこうなんだよな~。

|

« 友人関係を見ればわかること | トップページ | 終戦の日に思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事