« 「人間の運命」 五木寛之著 | トップページ | お盆も営業 »

2014年8月11日 (月)

仮面夫婦

経済的なゆとりがあるから幸せとは単純にいかないのが人生です。お金を得るために犠牲にしてきたものがあるのかもしれません。

私が会った経済的ゆとりがある方の半分は仮面夫婦でした。夫婦間でまともな会話がないのです。 お互いを思いやり慈しみあう気持ちがないのです。

ある人は、家の中が内戦状態だと言っていました。

だれもが関係の修復を試みたことがあると思うのですが、人間関係は、一度信頼を失うとなかなか改善しないものです。

そうなると本音では別れたい。

だけど、子どもや経済的なことを考えると離婚に踏み切るには躊躇する。だから最終的妥協手段として世間に対して夫婦を装う仮面をつけるのです。

しかし、子どもにとってはつらいものです。人生で一番安心で幸せな時期に親の間に入って気を遣わなくてはいけないのです。

それに一番身近な存在である相手に冷たい態度をとっている姿を子どもに見せると言うことは子どもの将来の人間関係の根幹を揺るがしかねません。

「もう手遅れ!」となると、覚悟を決めなくてはいけません。

もし、私が当事者なら、別れるにしろ、別れないで仮面夫婦を続けるにしろ、その理由を正直に子どもに説明すると思います。

なぜ結婚したのか、好きになった理由、そして嫌いになった理由も話すかもしれません。子どもにとっては両方が親です。

自分だけ取り繕って、相手だけを悪者にするようなことはしたくありません。(でも自分にとっては相手が悪いわけだからそれは難しいかな。)

例え夫婦になったとしても、相手を嫌いになることだって、他に好きな人ができることだってあるでしょ。

それが人間です。

私自身もこれから先どうなるかわからないので偉そうなことは言えないのですが、ちょっとした行き違いや誤解があったり、関係がおかしいなと思ったらなるべく早めに話し合いをするようにはしています。

3度離婚した女性を知っていますが、活き活きしてるんですよね。それはそれで良いのかもしれないな~と思わせる魅力もあります。

男と女の関係って正解ってないからな~。 人生いろいろ、女だっていろいろ♪ といきたいところですが、子どもがいるといろいろ考えますよね。

関連記事

  ↓

離婚前の心の整理 

感謝する相手は親じゃないでしょ! 

  • 夫婦で性格が違うからいいのだ! 
  • 年代別の夫婦げんか
  • スマホで恋人や夫婦の関係がヤバイ!

    打算的な結婚の末

    |

    « 「人間の運命」 五木寛之著 | トップページ | お盆も営業 »

    ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事