« 潜在意識の訴えに気づくフロー図 | トップページ | 人生は7割方決まっている!? »

2014年9月 5日 (金)

「毒になる親」 一生苦しむ子供 スーザン著

実際こういう本を読むのは、愛情のない親によって苦しめられた人です。

しかし本当に読むべき人はその親達なのですが、子どもを苦しめる親は自己中心的過ぎて反省などしませんし、自分を省みるような本などぜったい読みません。

本書でも「毒になる親」の共通していることは、彼らは自分の不幸や不快な思いを他人のせいにするということである。そしてその対象はたいてい子供が使われる。P209と言っております。

自省する心を少しでも持っていれば子どもも救われるのでしょうが、自分の感情や行動を省みるなど皆無な人が毒になる親になっているとも言えます。

子どもをコントロールしようとする親。

アル中の親に育てられると。

義務を果たさない親。

言葉によって子どもを傷つける親。

暴力や性的な行為をする親。

毒になる親は、なぜこのような行動をとるのか。

本書は、毒になる親の考え方や、毒になる親から人生を取り戻す道までの方法をアドバイスしてくれます。

人生が空しい、苦しい、恋愛でいつも失敗する、人間関係が上手くいかないと思う方は生き方と見つめ直すために参考になると思います。

|

« 潜在意識の訴えに気づくフロー図 | トップページ | 人生は7割方決まっている!? »

本の紹介 健康・心・身体」カテゴリの記事