« 心が不安定なときほど現実を大切にする | トップページ |  回想の野口春哉 野口昭子著 »

2014年9月25日 (木)

病気にかかったことがない医者にまかせるな

「生まれてから一度も病気にかかったことのないような医者は信用するな」という格言があります。

自分が病気になって初めて患者の苦しみを理解できると言う意味です。

これは友人関係にも多少当てはまるかもしれません。
ただ友人の場合、病気じゃなくて「人生に悩んだことがない者を信用するな」という意味です。

40歳ぐらいを超えると、少しは人生の甘いも酸いいもわかってきます。後悔することだってあったでしょう。

ストレスを抱えたり、病気になっていたりしても、何とか子どもが育つまで頑張ろうと生きている人もいます。

しかし、そういうことに鈍感な人もいます。それが周りの人を明るくするような楽天的な鈍感さなら嬉しいのですが、ただの自己中心的で悩む前に人のせいにするような人とは、友達にならない方が良いと言う意味です。

病気になっても人のせいばかりしている人もいますから、何とも言えませんけど。。。

|

« 心が不安定なときほど現実を大切にする | トップページ |  回想の野口春哉 野口昭子著 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事