« 「イージー・ライダー」 この映画はしびれます | トップページ | 夫婦げんかの娘の気遣い »

2014年10月27日 (月)

肩の力を抜いて生きていきたい

若い頃は尊敬する人の生き方を真似することも多いと思いますが、ある年齢を達すると、自分らしい生き方を考えるようになってきます。

私も20代から30代前半まで多くの方の影響を受けてきました。

本や映画の登場人物に憧れて、自分もこんな生き方ができたらなと、ちょっと真似をしたこともあります。

しかし40歳になる頃にはあまり人の影響を受けなくなってきました。それは自分の生き方のスタイルがある程度確立されてきたのかもしれません。

また、子どもの将来のことを思うことが多くなり、自分の人生を思うことが少し減ったからかも知れません。

人によって生まれ育った環境や才能の大きさがわかってきて、憧れの人と同じように生きていくのは難しいものです。

例えば、努力することが大切だと言われても、努力することを続けることも大きな才能だと思うのです。

根気よく続けることも才能ですし、一瞬でひらめくのも才能です。

そんなことを薄々気づき始めたとき、私は私なりに生きていこうとと思うようになりました。

かといって「自分は自分」と、独りよがりなガンコ者にならないようには気を付けています。ガンコにならずに、自分らしいというか、自分の才能にあった人生スタイルが理想です。

|

« 「イージー・ライダー」 この映画はしびれます | トップページ | 夫婦げんかの娘の気遣い »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事