« ホントは生きがいもポジティブも | トップページ | 今年の夏はたくさんビールを飲んだ »

2014年10月10日 (金)

「ミッド・ナイト・イン・パリ」 ウディ・アレン監督

        

雨降るパリの美しい映像と音楽。 それだけを目的に見てもロマンチックな映画です。

1920年代のパリにタイムスリップした主人公が、アーネスト・ヘミングウェイやF・スコット・フィッツジェラルド、パブロ・ピカソなど、その時代の名だたる芸術家たちが集うサロンで語り合い共に時を過ごすという夢物語のストーリー。

雨に濡れたパリの裏通りをほのかな光で照らす街灯、洒落た会話。音楽。

夢と現実を行き来する幻想的な世界にいつのまにか引き込まれていきました。

私を幻想的な世界に連れ出してくれた映画でした。

|

« ホントは生きがいもポジティブも | トップページ | 今年の夏はたくさんビールを飲んだ »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事