« 食欲の秋、食べ過ぎてもOK?快食療法 | トップページ | 肩書き自慢のおじいさん »

2014年11月26日 (水)

痛みに敏感なのは心身相関が強いから

心のストレスが体に出やすい人」や、「体のストレス(痛み)が心へ影響(不安感など)しやすい人」は、心と体のお互いの影響が強い体質にだからです。

それを「心身相関」が強い体質と言い、言ってみればちょっと神経質。

具体的に言うと、ちょっとした痛みやケガでも大騒ぎしたり、「本当に治るのか」と心配ばかりしたり、些細なことでもストレスと感じて不安になったり、それが身体の症状として現れやすい方は、「心身相関」が強いタイプです。

心身相関が強いタイプは、体のストレス(痛み)に対して不安感を強く抱くので、それがストレスを二重に生み、より心と体の負担が増すことになり悪循環となることもあります。

このような人は痛みからも抜け出しづらく、不眠や食欲低下、過食、胃腸機能低下、動悸頭重など自律神経系の慢性的な症状が現れやすいのです。

では逆に「心身相関が弱い体質」の人はと言うと、心のストレスが体に現れにくく、体の痛みに対してもわりとへっちゃら。人前であがって力を出せない人とは違い、人前だからこそ力が出せる本番に強いタイプです。

こういう人は図太い神経なのでどこでもぐっすり寝ることもできるし、どんなストレスにも強く、ケガや痛みに対しても必要以上に心配することもなく時間の経過とともに当たり前のように治っていきます。

そもそも痛みやケガは自らが治そうとして患部の炎症反応が起きているだけなので、時間とともに自然に治るのが当たり前と言えば当たり前なのですが。

ケガの治りが早い人がいますけど、それは早いのではなく自然治癒力の当たり前の経過を辿ることができている人だけの話しです。

反対に「心身相関が強い神経質な人」は、過度な心配が心身の負担となってホルモンや自律神経が影響を受けて症状を長引かせているのです。

「心身相関が強い」と言うことは自律神経系が過敏に反応しているからです。ちょっとしたストレスでも不安を感じると動悸がしたり、眠りづらくなったり、緊張して汗をかくようになります。

血流が低下して手足が冷えたり、筋肉に余分な力が入って肩や腰が凝りやすくもなります。

また、緊張していると呼吸も浅くなり、酸素不足で集中力や気力が低下することもあります。

ここまでの話しですと「心身相関が強く神経質な人」より、「心身相関が弱く図太い神経の人」の方が良いような気もしますが、しかしそうとうは言い切れないのが人生です。

まず図太い性格とはそれだけ器が大きいと言うことなので、仕事もどんどん任されるし、人が付いてくる人だからそれなりに世話もしないといけません。

それに自分の疲れやストレスに気づきづらいので、知らず知らずにダメージを蓄積することもあります。

つまり「図太い人は短い人生」になる可能性が高いのです。「人生、太く短く」といった豪快なイメージが強いけどやっぱり短命だったりするのはこのためです。

逆に、心身相関が強く神経質なタイプは、ストレスに弱いのですぐ休みます。
また周囲も重要なことを任すようなことはしませんし、そんなに後輩もついてこないので気をつかわなくてすみます。

あまり人から尊敬されない自分を素直に客観的に認めることができると「心身相関が強いタイプ」でも、人生をわりと楽しくいけるはずです。それを変に頑張ろうとするから空回りするのです。

「心身相関が強い神経質タイプ」は無病息災の元気満々ではないけど、一病息災で長生きできるタイプとも言えます。

関連記事

  ↓

「痛みと身体の心理学」 著 藤見幸雄 

痛みが心を助けることも 

  • 痛みと向き合う心身相関学
  • |

    « 食欲の秋、食べ過ぎてもOK?快食療法 | トップページ | 肩書き自慢のおじいさん »

    心と体」カテゴリの記事