« 腰痛対策は腹部のインナーコルセット | トップページ | 運命に身を任せる »

2014年11月19日 (水)

高倉健さんが亡くなられた。

俳優として日本最後の大スターのような気がします。寡黙で男気のある役が多く、そこにいるだけで絵になる人でした。

高倉健さんとは役柄的には正反対でしたけど、思い出すのが寅さんこと渥美清さんです。
寅さんも後ろ姿だけで演じられる人でした。

以前、映画の試写会でビートたけしさんが高倉健さんのことを「クジラみたいな人」と話していました。そこにいるだけで人々を魅了できる人は高倉さんしかいないというような意味です。

今朝の中日新聞のコラムで、高倉健さんは「感動させること」以上に「感動すること」を大切にした方だと書かれていました。

以前、高倉健さんのエッセイを読んだのですが、まさしく感動の人であり感謝の人でした。
そういう人柄も演技を超えて映し出されていたのでしょう。

高倉健さん主演映画で好きなのは、 ”幸せの黄色いハンカチ”や”ほっぽや”。

逝かれたのは寂しいけど、映画を見て、感動して、良い影響を受けたいです。

                  

             

|

« 腰痛対策は腹部のインナーコルセット | トップページ | 運命に身を任せる »

映画・小説・ノンフィックション」カテゴリの記事