« 年末年始のお休みのお知らせ | トップページ | なぜボクは生きているのだろう »

2014年12月29日 (月)

写真撮影はアゴを引いて顔を小さく見せる

友達と並んで写真を撮った時だけ、自分の顔の方が友達より大きい感じがする場合、ひょっとしたら頭の位置が少し前に出ているのかもしれません。

自分一人の写真ならわかりづらいのですが、隣にいると対比できるので頭の位置が前に数㎝前に移動しているだけでも顔が大きく見えてしまうのです。

ある女性アイドルグループのメンバーの一人は、みんなで並んで写真を撮るときはなるべくアゴを引いて顔を小さく見られるようにしていると言っていました。

つまり首の骨が前側に歪んでいるから顔が前に出ているので、写真を撮るときはアゴを引いて首の歪みを戻すということです。

そのアイドルはカメラの前だけアゴを引くようにしているのですが、日頃から意識的にあご引きエクササイズをする方が良いと思います。

顔の位置を戻すアゴ引きエクササイズです。

”アゴをまっすぐ後に引いて5秒数えてリラックス”

を10回くり返す。

これを一日3回ぐらい行うと効果があります。

写真写りが良くなるばかりではなく、首猫背やストレートネックからくる首凝り、肩こりにも効果があるので顔の位置を戻すエクササイズは一石二鳥でもあります。

また顔が前に出ていると首の横側の筋肉が収縮するので、顔のリンパ液や血流が滞るので顔がむくみやすくなり、顔の輪郭が大きくなります。

アゴ引きエクササイズで、首肩こり改善プラスして、小顔も手に入れましょう!

関連記事  

  ↓

スッキリ小顔は首の矯正がポイント 

 名古屋 小顔矯正は首の矯正で効果倍増

 小顔矯正は首の矯正で効果倍増 

長年の首肩凝り 猫背改善方法

「顔がまっすぐ向いていない」時は、首の歪みを疑え! 

|

« 年末年始のお休みのお知らせ | トップページ | なぜボクは生きているのだろう »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事