« ボクはクリスマスが嫌いだった。 | トップページ | 自分でできる こころのセルフ診療室 マーサ著 »

2014年12月25日 (木)

肩は責任感の強さを示す(肩用語)

仕事を任されたときには責任が肩にかかってきます。「肩が凝る仕事だな」とぼやきたくなることもあるでしょう。

仕事の責任がそのまま”肩書き”になるのですが、今の時代肩書きばかりが優先して責任は放棄するような人が多いのかも知れませんけど。

肩書きの責任とは反対に、責任ある仕事も任されず”肩身”の狭いおもいをすることもあるでしょう。

借金の”肩代わり”や、困っている人の”肩を持つ”なども責任からきています。

その責任を全うしようとすると肩に”権威”が付いてきます。武士の裃など、肩を大きく見せようとしていますし、現代の軍隊では肩にその位を表す線があったり勲章を飾っています。

ヤクザの世界なら、金回りがよくなったり、組織内で出世をして羽振りが良くなれば、自分が仕切っている街を”肩で風切って”歩きます。

その反対に仕事が上手くいかず権威も地に落ちれば、”肩を落として”歩きます。

心と体の関係で作られた言葉を身体用語と言うのですが、昔の人は心とカラダをよく観察していたのですね。

関連記事

  ↓

鉄板肩こりからおさらばして爽快になろう!

社会性が高い人ほど肩が凝る

肩こり解消の習慣

|

« ボクはクリスマスが嫌いだった。 | トップページ | 自分でできる こころのセルフ診療室 マーサ著 »

心と体」カテゴリの記事