« 貧乏は完治する病気 ~ 天野 雅博著 | トップページ | ボクはクリスマスが嫌いだった。 »

2014年12月22日 (月)

「凡人は環境に支配される」

私が20代前半に旅をしていた頃に、力強く「生きるヒントノート」に書いた言葉です。

言い方を変えれば「環境が人を作る」と同じ意味です。

よっぽどその一言は自分の中に記憶されたのか、今でも私は自分の回りの「環境」に注意しながら生きています。

例えば、「性格の悪い人はなるべく避ける」などです。

人を人と思わないような人と一緒にいたら、弱い私は少なからず影響を受ける可能性があるからです。

例えば職場で上司の性格が最悪だったら職場の雰囲気悪くなるでしょ。自分も余裕がなくなり新人に対してついついきつくなると思うのです。

しかし、もし私が邪悪なエネルギーより、強いエネルギーを持っていたとすると私が良い方に環境を作っていくことができるかもしれません。

  「凡人は環境に支配される」の次に書いたのが「天才は環境を作る」の一言です。

しかし私は自分が凡人であることを知っています。だから「”凡人”は環境に支配される」という考えに行き着いたのです。

類は友を呼ぶ」もまさに環境に支配された結果だと思うのです。

自分が自分の環境に気をつけていれば多少注意できることです。

親なら子どもの環境を考えたくなるものですが、それは学校選びにもつながると思うのです。しかし子どもにとってのダントツの影響力は家庭、つまり親です。

一番大切なことを忘れて周りの環境ばかりを考え出すと、最初は上手く行けたとしても、大人になるに連れ苦しくなることがあります。

子どもの環境作りはさておき、凡人と自覚している人は自分の環境を考えることが大切です。

しかしもしあなたが非凡な才能やエネルギーがある方なら、ぜひ地域や、日本、世界を引っ張って、良い環境を作っていってください。

それが強い人の与えられた使命なのですから。

関連記事

  ↓

もう いい加減に別れなさい

|

« 貧乏は完治する病気 ~ 天野 雅博著 | トップページ | ボクはクリスマスが嫌いだった。 »

ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事