« 痛みが続くときは反対側の筋肉をみる | トップページ | 一度限りの人生。批評家に苦しめられないでください »

2015年1月21日 (水)

だれに恋愛相談をする!?かが問題

夫婦の愚痴を聞くのは気を付けないといけません。”夫婦げんかは犬をも喰わぬ”というように、他人にはわからないことも多々あります。

それに比べて若い女性の恋愛相談は聞いていてもちょっと楽しいこともあります。

無責任に「そんな男とはわかれちまえ!」と言って別れたとしても、若い分だけ未来があり、別れた男より良い男が見つかる可能性が高いので、言う方も気が楽なのです。

ただ、若い女性が恋愛相談をする相手って意外と重要なんですよね。

例えば恋愛相談を既婚者の年上の男性にしたら、今度はその男性と不倫の関係になり泥沼にはまったような人生になることもあるからです。

人は悩んでいるときって冷静な判断ができないので、相談する相手の人のことが見えていません。

ただ自分の今の苦しみを理解してくれて年上だから何となく安心感でひっついちゃったと言うことは多々あります。

もちろんお互い独身同士で相手が誠実な人だったら良いのですが、それが上手くいく時って、女の人も以外と相談者を最初から狙っていたりすることもあるでしょ。(笑)

オスの本能には、”メスを自分のものにしたい!”を少なからず持っています。

最初は別れ話を親身になって聞いていてもいつのまにか”自分の女に”にしたくなってしまうのです。

これが男の性なのかもしれません。

若い女性が”自分の女になる”のがハッピーなのはオジサンです。女性の方はズルズルと関係を続けて婚期を逃すということも多々あります。

そして、けっきょく別れた後、男の人を信頼できなくなったと嘆くのは婚期を逃した女性です。

もちろん他人の私がとやかく言うことではありませんし、”不倫は文化”と言う考えもあります。だから私は個人的にはその手の話には肯定も否定もしません。

しかし私の娘なら”もう いい加減に別れなさい”と  きっと言います。

ここで男性読者ならジローは偽善者だと思うかも知れません。そう私も女性は大好きですが、しかし自分の家庭はぜったい壊したくないがすごく強い人間でもあります。

それが私の一番大切なものなので、私は一生浮気はしません。たぶん (笑)

人っていろいろな価値観で生きています。浮気をするしないが良い悪いのではなく、浮気をしないと決めている男の人も世の中にはたくさんいるということです。

十数年前テレビでタレントの明石家さんまと所ジョージが一緒に出演していた時、さんまさんは「若い女性を見ると興奮して見る」と言い、所さんは「そんな目で女性を見ない」と言っていました。

さんまはそんな所さんを「嘘つき!」と言っていたのですが、同じ男性でも根本的な所で女性の味方が違うんですよね。

ただ、所さんみたいな人に恋愛相談しても、わりとドライなアドバイスになるのではないでしょうか。

家族が一番と思っている人の恋愛相談のアドバイスは簡単です。それが問題がある男なら早く別れて次を見つけなさい。

別れたいと思いつつも別れられないでいるのは無意識の心の問題なので、本人が考えなければどうしようもありません。

恋愛で失敗する人は、恋愛相談をする相手さえも失敗することがあります。

もしJIRO整体に恋愛相談したら?

話がおもしろければ聞きます。(笑)

関連記事



もう いい加減に別れなさい

  • 夫婦で性格が違うからいいのだ! 
  • 年代別の夫婦げんか
  • 釣られた女性の幻想

    女性の恋人探し術を伝授!? 

    |

    « 痛みが続くときは反対側の筋肉をみる | トップページ | 一度限りの人生。批評家に苦しめられないでください »

    ジロー流生きるヒント」カテゴリの記事