« 2015年 あけましておめでとうございます | トップページ | 育児の楽しみ♪ »

2015年1月 2日 (金)

高倉健を忘れない

正月、録画していた高倉健さんの映画やテレビを見ました。

スマスマ(スマップの番組)を妻が気を利かせて録画してくれてたのですが、1997年に腱さんは出演していたのですね。

腱さんが60代の時、バラエティ番組に出て、けっこうお喋りしていたのには驚きでした。

昔、「徹子の部屋」に出演したときは、徹子さんばかりが喋っていて、腱さんは、らしく、やっぱり寡黙なひとでした。まぁ、徹子の部屋は徹子さんのお喋りのためにあるような番組ですから。(笑)

腱さんは冗談でおもしろいことを言っているときでも、ふと、目が伏し目がちになり、どこか陰を持っているんです。

それが俳優というより、高倉健なんですよね。

俳優が役を演じるのではなく、役が高倉健に当てはまっていく。そんな俳優なんて寅さんこと、渥美清さんしかしりません。

腱さん主演の「幸福の黄色いハンカチ」に、渥美清さんも交番の警官役でちょっとだけ共演していて、警官の役でもやっぱり寅さんで、そしてもと殺人を犯した役でもやっぱり高倉健で、すごい共演だな~と感心してみてました。

腱さんを見ていると、人生でいろいろつらいことがあっても、それを抱えながら黙々と生きていくことも必要なんだなと、生きる力みたいなものをもらえるんです。

「南極物語」「八甲田山」「ぽっぽや」といい、腱はやっぱり雪がよく似合う。

ボクも腱さんみたいに生きていきたいな~と憧れるのですが、これが正反対な人間。(笑)

ちょっとでもどこか痛かったら、「イタイイタイ」とオーバーリアクションするし、すぐ愚痴るし、我慢するの苦手だし。ぶらぶらと旅をするのが好きだし、腱さんというより寅さんタイプ。

しかし寅さんも後ろ姿がかっこいいんだよな~。

女衆、よく覚えときな! いい男ってのは、背中で人生を語るもんだぜ!

今年もごきげんよう。(笑)

関連記事

  ↓

高倉健さんが亡くなられた。

正月はいつも「男はつらいよ」の寅さん映画だった

高倉健主演映画「あなたへ」の感想

|

« 2015年 あけましておめでとうございます | トップページ | 育児の楽しみ♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事