« 「ALWAYS 3丁目の夕日」 泣いたね | トップページ | 人間、必ず悪いところがあります »

2015年3月 9日 (月)

たまには骨盤や腰の骨の矯正をしてあげる

腰の骨の矯正とは、骨盤や腰椎(腰の関節)を矯正することなのですが、整体やカイロプラクティックなどの矯正法が百年以上も前から現代に続いているのは、骨(関節)が原因の腰痛に対して関節矯正が最も効果が高いからです。(効果がない治療法は必ず消滅します)

関節は動かさないでいると可動域が減少し固まってきます。

筋肉の場合は、目に見えることもあり意識しやすいのですが、骨は、筋肉の中に隠れているので意識しづらく、意識的に動かさないでいると年齢と共に拘縮してくるのです。

年輩の男性が歩幅を狭くしてトボトボと歩く姿を見かけたことがあると思います。可動域が大きな股関節なども意識しないでいると固くなってくるのです。

骨盤など股関節以上に意識するところではないので、いつの間にか固まって、その分の負担が腰にかかってきます。

私が見るところ、慢性腰痛や首肩凝りの方などほとんど骨盤が固くなっていました。

自分の身体のためには、たまには骨盤や関節の矯正をしてあげるのもいいと思います。

関連記事

  ↓

なぜ腰痛が長引くのか?疑うべき関節と筋肉

名古屋で腰痛・骨盤矯正整体 仙腸関節機能異常が原因かも

名古屋の腰痛整体 長引く腰痛は頭の位置がズレている? 

|

« 「ALWAYS 3丁目の夕日」 泣いたね | トップページ | 人間、必ず悪いところがあります »

腰痛」カテゴリの記事