« 人は人、そんな情報はいりません | トップページ | 小人閑居して不正をなすと言いますが、 »

2015年3月31日 (火)

子どもを叱るときの注意点

長男はまだ7歳なのに、ついつい厳しく叱ってしまうことがあります。 → 子供に、「おいっ こらっ いいかげんいしろ!」だけど

自分でも「叱りすぎだろ」と思い、数日間は「わかりやすく言い聞かせながら注意するのですが、ついつい忘れて、また厳しく叱ったりします。

それに比べてじゃないけど、二歳の娘には甘いかも。

長男に「パパは妹が可愛いんだろ」と言われたこともあります。

自分では長男は第一子でもあり、さんざん可愛がってきたつもりだし、世話もしてきたし、入院したときは一緒にベットで寝たりと、息子に対して並々ならぬ強い思いを持っているつもりだけど、息子は今を見ているので、それとこれとは別みたいです。

育児でちょっとでも悩んだら妻に相談です。

妻曰く、「叱るときをは、問題点をわけることが大切」とのことです。

子どもの行動の失敗は叱らないようにする。次にどうすればできるようになるかを提案。
例えば子どもが忘れ物をしたときに叱責するのではなく、確認する習慣を促す。

叱るときは、子どもが人に対して思いやりのない行動をとったとき。例えば人をバカにしたりするような言葉を使ったときは厳しく注意する。

実はこの記事を書いたのは一ヶ月以上も前です。

登校前に確認のため読み返しているのですが、一ヶ月前そんなことを考えていたのかか驚いています。(^^;)

自分自身のことはすぐ忘れるのに、子どもの忘れ物に対して厳しいんだよな~。

|

« 人は人、そんな情報はいりません | トップページ | 小人閑居して不正をなすと言いますが、 »

育児」カテゴリの記事