« 桜を見ると、 | トップページ | 「男道」 清原和博著 彼はまさしくヒーローだ »

2015年4月 7日 (火)

春休みの旅

先週、小一の息子と二人で電車の日帰り旅行に行って来ました。

JR中央線で恵那駅まで行って明智鉄道に乗り換えるルートだったのですが、JR線で事故があったらしく電車が進まずちょっとイライラ。

息子は本を持っていくつもりだったのですが、「本なんか読まずに電車の旅を楽しんだら」と、私が言ったばかりに、「やっぱりもってこればよかった」と、文句をグダグダと言っていました。(笑)

予定より一時間半遅れたのですが、昼過ぎ明智鉄道に乗り換えることができて、日本の田園風景ベストに選ばれるような風景を見ながら電車の旅を楽しみました。

岩村城跡地まで散歩しての帰り道、息子が何もない道路でコケたためその分の時間がロスして、一時間に一本しかない電車に乗り遅れてしまいました。

必死に走ったのですが目の前を電車が、「あ~あ」と呆然。

しょうがないからと自分に言い訳しつつビールを飲んで次の電車を待っていると、昔のお嬢様軍団と同じベンチに腰掛けることになり、子育ての話しなどで盛り上がりました。

昔のお嬢様曰く、「お父さんと息子で二人で旅をするのってめずらしいわね。ふつうお父さんは奥さんといっしょなら行くけど、自分ひとりで連れて行って子供の世話をするのをめんどくさがる人が多いのよ。」「子供を任せられるお父さんなのね。」などなど、たくさん褒めてもらってなんだか電車乗り遅れてよかったな~気分。

息子も電車を待っている間、石など拾って遊んでいたら水晶に似ている石を発見して、大興奮。いまでも大切に持っています。(ニッコリ)

帰りは夜になったけど、ハプニングがかえって記憶に残る旅を作ってくれることになりました。

|

« 桜を見ると、 | トップページ | 「男道」 清原和博著 彼はまさしくヒーローだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事