« ゴールデンウィークもあっという間に | トップページ | 身体の歪みは三つの視点で考える »

2015年5月 8日 (金)

ストレスによる首のこり

首の凝りや痛みがいつまでも続く場合に考えられるのは首の関節の拘縮やズレです。(病気やヘルニアなどの疾患は除く)  

その他、骨盤の仙腸関節のズレが首の関節に影響を与えていることもあります。

しかし、首の痛みの原因は関節の拘縮やズレだけではありません。

不安やストレスによる心の緊張から首の筋肉が硬直することもあります。

ストレス状態が続くと血圧が高くなるように、血圧が高い人のほとんどは首と頭の境目の筋肉が硬くなっています。

ストレス状態が続くと”心の故障”にもなり、心の故障となると自律神経の故障となり、自律神経が故障すると、睡眠や胃腸、血圧、冷えほてり、動悸、体温など影響を受けるのですが、そのほとんどの方にでている症状が身体の中心ラインの筋肉硬直です。

例えば骨盤、腰や背中、首、そしてお腹、恥骨です。身体を強張らせて防衛しようとする動物の本能で筋肉が硬くなるのです。

自律神経による身体の緊張には、首のリラクゼーションポイントによって緊張が緩んできます。

施術の効果が高まるのは身体から余分な力が抜けているが条件です。まずは緊張を緩めることです。

関連記事

  ↓

いつも首が凝る人は関節も固まっている

なぜ首が痛くなるのか

名古屋で腰痛・骨盤矯正整体 仙腸関節機能異常が原因かも

首の歪みから自律神経失調症

 不安・パニック障害の左の首の歪みと左骨盤との関連性

首にある究極のリラクゼーションポイント

首が痛いのは仙腸関節が原因

首の凝りが治りやすい人と治りにくい人との違い

|

« ゴールデンウィークもあっという間に | トップページ | 身体の歪みは三つの視点で考える »

首の痛み・凝り」カテゴリの記事