« 胃が重い、お腹が固いのは自律神経の乱れ | トップページ | 「より道 わき道 散歩道」 河合駿夫著 »

2015年5月14日 (木)

極端に考えてしまう性格

心理障害になりやすい性格として、物事を極端に考える傾向があります。

例えば、ある組織のうちの一人が悪いことをしたとします。そうしたらその組織の人、全員が悪い人と思ってしまうような人。

ちょっとお腹が痛いと、自分はガンではないかと思い詰めてしまう。

人のちょっとした一言を勘ぐり、深読みしすぎて取り越し苦労。

ぜったいに」と言うことが多く、ちょっとしたことでオーバーに捉えるので、周囲も気を遣います。

物事を白か黒かと、あまり極端に考えてしまうと、神経は疲れるに決まっています。

とくに人間関係はグレーの色の部分が多く、そのグレーを受け入れていく心の容量も必要です。

日頃から人間関係で疲れやすいと感じる人は、グレーの部分を意識して増やすといいでしょう。

子育ても精一杯がんばるのではなく、「子育ては片目を瞑ったぐらいがちょうどいい」と思う方が気が楽になります。

|

« 胃が重い、お腹が固いのは自律神経の乱れ | トップページ | 「より道 わき道 散歩道」 河合駿夫著 »

脳・心の話」カテゴリの記事